休日の思考整理術 朝湯船

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Milk Bath by Berge Gazen

Milk Bath by Berge Gazen

こんにちは
かねしろ@pinkrootです。

気がつけば2014年も最後の月。
年齢も23から24になり、社会人歴も1年半をとうに超えました。

はやいな、と。

そして12月といえば、もう寒さが身にしみてきております。
気温は連日10度台前半。
出身地沖縄の真冬よりもすでに寒いです。

寒さに加え、最近は仕事の忙しさなどからくる疲れも相まって、休日はなかなかベッドから出ることができません。
先週・先々週ともに週末のほとんどの時間をベッドの上で布団にくるまってHuluを見たりして過ごしてしまいました。

今週こそはそんな状況を打破しよう、と思い挑戦したのが朝風呂です。
厳密には、朝湯船。

朝8時過ぎに起きると、寒さやら眠気やらに耐えるべく「むぅぅ」とうめきつつ布団をはねのけ、
湯船にお湯を張りに行きます。

湯が溜まると肩までざぶんと浸かります。

そのまま1時間程度、湯船の中で過ごすのです。

布団のなかでだらだらと過ごしてしまうと、
スマホをいじってしまったり二度寝をしてしまったりと、「あ、気がつけばもう昼過ぎだ。」という事態になることもしばしば。
しかし湯船であればそんなことにはなりません。

更に副次的な効果として、思考が整理されるのを実感しました。

湯船で1時間もだらだらしていると、普段は忙しさの中で考えることのできていなかったことについて、ふと考え始めることができたり、「今日は何をしようかな」とタスクを整理してみたり。そんなことが自然にできるのです。
きっとおそらくお湯で血行が良くなって脳が活性化していることも好影響を与えているはず。

朝湯船、個人的にはかなりお気に入りです。

なお、急激な温度変化などは体にとって負担にもなってしまうので水分補給などはしっかりとしましょう。
僕の場合はペットボトルの水を風呂場に持ち込んだりしています。

冬場の入浴時は、脳卒中に注意! – All About

おしまい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*