シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロキシ等の環境変数をシェルスクリプトで変更する方法

terminalアイキャッチ画像

こんにちは かねしろ@pinkrootです。

私の通っている学校(沖縄工業高等専門学校)では、学内回線からインターネットに繋ぐためにプロキシを経由する必要があります。 これが色々と曲者で、terminalからyumしたりapt-getしたりするときに引っかかる原因となったりします。

これまではterminalから

export http_proxy="http://proxy-address:port"
export https_proxy="http://proxy-address:port"

コマンドを実行していたのですが、これだとPCを自宅に持ち帰る度に

export http_proxy=""
export https_proxy=""

コマンドを発行しなければなりません。 本当、面倒。

というわけで、初めてのシェルスクリプトに挑戦することにしました。

色々と調べてみたのですが、どうやらシェルスクリプトというやつはファイルの先頭行にshebang(シェバン、シェバング)と呼ばれるものを記載し、その下に発行したいコマンドを書けばいいとのこと。 というわけで、作成したのが以下のシェルスクリプトファイル。

#!/bin/sh

export http_proxy="http://proxy-address:port"
export https_proxy="http://proxy-address:port"

このファイルをホームディレクトリに作成し、名前をset_proxy.shとしました。 また、

#!/bin/sh

export http_proxy=""
export https_proxy=""

という内容で、同じディレクトリにunset_proxy.shというファイルも作成。

これらを実行するには、以下のコマンドを発行します。

プロキシをセットしたい場合

source ~/set_proxy.sh

プロキシを外したい場合

source ~/unset_proxy.sh

実際にセットされているかどうかは、以下のコマンドを発行することで確認できます。

echo $http_proxy

これで少しは快適になりました(`・ω・)

スポンサードリンク

AdSense

AdSense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] シェルスクリプトの書き方はこちらの記事で解説してあります。 […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です