シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

githubとbranchと私

github_eyecatch

こんにちは かねしろ@pinkrootです。

一つ前の記事、 githubに複数人でpushしたりpullしたりした の続きです。 今回はbranchについてまとめます。

ローカルでブランチ

まずはローカルでbranchを作成しましょう。 「そもそもbranchとは?」という人は入門gitか、このブログ記事を読むといいと思います。

branchを作成するコマンドは以下です。

git branch hoge

これでhogeというbranchが作成されました。 現在あるbranchを確認するには以下のコマンドを実行するといいです。

git branch

現在、masterとhogeが存在するはずです。 masterはデフォルトのbranchで、hogeが今作成したbranchになります。 現在触っているbranchはmasterになっているはずなので、hogeに切り替えましょう。 以下のコマンドです。

git checkout hoge

もう一度

git branch

を実行するとbranchが切り替わっているのが分かるはずです。

あとはソースをいじってcommitすると、そのbranchに対してcommitが実行されることになります。

githubにbranchをアップロードしよう

githubにbranchをアップロード(push)するコマンドは以下。

git push origin hoge

originは前々回のエントリでリポジトリへのURLを格納したものです。 つまり、このコマンドで 「originが指定しているURLのリポジトリに、hogeブランチをpushしとくれ」 という意味になります。

他人が作成したbranchをgithubからpullする

視点を別の人に移してみます。 この人は現在master branchしか持っていません。 ふとgithubをチェックしてみると、hogeというbranchが作成されていることに気付きました。 彼がhogeブランチをpullするためには以下のコマンドを実行するといいのです。

git checkout -b my_hoge origin/hoge

このコマンドにより、彼のローカルリポジトリにはmy_hogeというbranchが作成され、そこにgithub上のhogeブランチがpullされてきます。 なお、pullする際にローカルにある最新のコード(masterブランチ)とマージされたものがmy_hogeというブランチで作成される、という流れになるようです。(このあたりはまだちょっと不勉強。)

また、

git pull origin hoge

とやるとmasterにたいしてhogeがマージされる模様。 後日詳しくテストしてみます。

あと、自作のbranchをいじっている状態でpullしようとすると 「なんかbranchが違うっぽい」 的なエラーが出るので気をつけてください。 とりあえずmasterに切り替えておけばpullは問題なさそうです。

ということで、駆け足ではありましたがこれで ・gitでバージョン管理 ・githubにpush ・githubで複数人で管理(pushしたりpullしたり) ・branchも分けてみる ということができるようになりました。

参考にしたのは以下の本です。

入門git
入門git
posted with amazlet at 12.05.18
Travis Swicegood
オーム社
売り上げランキング: 11194

とてもいい本でした。 まだ読んでない部分や試していないことがあるので、まだしばらくはイチャイチャしてみたいと思います。

スポンサードリンク

AdSense

AdSense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です