Mac OSX yosemiteにpyenvとvirtualenv環境を構築

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

programming_img
こんにちは。
かねしろ@pinkrootです。

pythonで開発を行っていると、別々のプロジェクトのために用意したライブラリやらが干渉しあって困ったことになることが多々あります。

そこで、いい加減pyenvとvirtualenvを導入して、プロジェクトごとにpythonのローカル開発環境を切り分けることにしました。

ということで以下手順の備忘録です。

pyenvとvirtualenvのインストール

まずはbrewでpyenvとvirtualenvのinstall

環境変数の設定と、profileへの設定追記が求められるので実施

環境変数の設定は下記コマンド。
pipでのinstall時にもコマンドを提示してくれるはず。

profileへの設定追記も実施します。
追記対象はbashであれば

  • ~/.bashrc
  • ~/.bash_profile

の両方。
追記内容は下記。

一度、bashrcだけに書いたら下記のようなエラーが表示されました。
忘れずに両方に書きましょう。

設定の記載後は

で設定のリロードを実施。

pythonのインストール

下記コマンドでpythonをインストール。

このとき、下記エラーが表示される場合があります。

これはxcodeのツールが入っていないため発生する模様。
下記コマンドでインストール、というかインストーラーを起動させることができます。

無事にpythonがインストールできていれば下記コマンドでインストール済みバージョンを確認できます。

ディレクトリごとにバージョンを切り分けるには下記のような感じで設定。

virtualenvを用いて環境構築

下記コマンドで、ベースとなる環境を元に新環境を構築できます。

これで、pyenvでinstallしたpython2.7.6環境をベースに、sandbox276という名前の環境を作ることができました。

その環境を適用するためには上記のpyenvの例と同様に下記のようなコマンドで実施。

こうしておくことでインストールするパッケージなどを環境ごとに切り分けることができます。
平和が訪れました。

おしまい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*