シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

githubへのpushをしてみた

github_eyecatch

こんにちは かねしろ@pinkrootです。

今日は、これまで避けていたgithubへのpushに挑戦しました。 これまではMac向けのGUIソフトウェアでpushしたりしていたのですが、いい加減CUIからの操作も覚えよう、と思ったのが理由です。 後々、github以外の何処かサーバで中央リポジトリ作る予定もありますしね。

ということでログ。

とりあえずgithubへアクセスし、新しいリポジトリを作成。

github_create_repository

ターミナルを開いて、gitの利用者情報を設定しておく。

git config --global user.name "Name"
git config --global user.email mail@mail.com 

git configコマンドを実行すると、 ~/.gitconfig に名前とメールアドレスの情報が書き込まれました。

次に、pushするためのファイルを作成します。

mkdir test_repo
cd test_repo
touch README

これでtest_repoディレクトリが作成され、そこに中身が空のREADMEというファイルが作られます。 別に、vimなどでテキトーなテキストファイルを作成してもいいと思いますが、今回そこは本質的問題ではないので細かく触れません。

コミットします

git add README
git commit -m 'my first commit'

いよいよgithubへのpush

git remote add origin git@github.com:ACCOUNT_ID/REPOSITORY_NAME.git
git push -u origin master

でpush成功。 ACCOUNT_IDのところには、僕の場合pinkrootと入りますし、 REPOSITORY_NAMEのところには、今回作成したリポジトリ名が入ります。

remoteのurlを間違えたときは

git remote set-url origin 正しいURL

で修正可能。

実際に上のような手順を踏んだ上でgithubへアクセスすると、作成したリポジトリ内にREADMEファイルが置かれていることが確認できるはずです。

pullとか更新の仕方についてはまた明日。

ちなみに、私の通っている学校ではプロキシな問題があるので

export http_proxy="proxy_url"
export https_proxy="proxy_url"

なコマンド発行が必要となりました。 シェルスクリプト書いてあったので楽々ですが。 シェルスクリプトの書き方はこちらの記事で解説してあります。

ちなみに、pushするにはSSHのポートが開いている環境である必要があります。

入門git
入門git
posted with amazlet at 12.05.18
Travis Swicegood
オーム社
売り上げランキング: 11194
スポンサードリンク

AdSense

AdSense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 昨日、githubにpushするまでの工程をブログ記事にまとめました。 githubへのpushをしてみた 今日はその続きで、cloneしたりpullしたり複数人で管理してみたり、ということに挑戦したのでまと […]

  2. […] originは前々回のエントリでリポジトリへのURLを格納したものです。 つまり、このコマンドで 「originが指定しているURLのリポジトリに、hogeブランチをpushしとくれ」 という意味になりま […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です