シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

githubに複数人でpushしたりpullしたりした

github_eyecatch

こんにちは かねしろ@pinkrootです。

昨日、githubにpushするまでの工程をブログ記事にまとめました。 githubへのpushをしてみた 今日はその続きで、cloneしたりpullしたり複数人で管理してみたり、ということに挑戦したのでまとめます。

一人で遊ぶ場合

とりあえずgithubに更新をアップロードするためには

git push

とやるだけでOKです。 前回の記事までの工程で、一度でもpushしてしまえば送信先を覚えておいてくれるらしく、 ローカルでcommitしたあとにpushするとgithubのソースも更新されます。

逆に、サーバから最新版をダウンロードするときには

git pull

とやるだけでOKです。 ローカルにあるファイルと自動でマージ(合体)してくれます。 というか、一人でやる場合はpullとかしなくてもいいのか。

二人以上で遊ぶ場合

ここからが本題。

まず、publicなリポジトリを複数人でいじる場合には、相手をコラボレータというものに登録する必要があります。

githubから共有したいリポジトリを開き、adminと書かれたボタンを押します。 # 画像はクリックで大きくなります。以下全ての画像が同様。

click_admin

開いた画面左側のCollaboratorsをクリックし、コラボレータにしたいユーザのアカウントをAddして登録完了。 Addされた側はメールで通知が届くので、それで承認する必要があります。

click_collaborators add_collaborators add_comp

なお、アイコンや画像系が見えないのはネットワーク的な問題のためです。 # 動作には差異ありません

コラボレータになった人は、まずgithubから最新のコードを取得する必要があります。 githubのリポジトリページヘアクセスし、gitファイルのURLをコピーしてください。

git_url

次に、コラボレータ側のターミナルで次のコマンドを実行します。

git clone 先程コピーしたURL

これでローカルにもリポジトリが作成されました。

あとは好きなようにいじって、commitして、hubに上げたい時は

git push

をしたらいいだけです。

pushしようとするとき、既に誰かがgithubに最新のコードをアップロードしていた場合、 「とりあえず一度pullしてください」 というようなエラーが出ます。 このような場合や、とりあえず最新のソースをダウンロードしたい場合は

git pull

を実行するだけでダウンロードと自動マージが実行されます。

ただ、pullしようとしたソースと、自分がローカルで保有しているソースの同じ箇所に対して変更が加えられているケースがあります。この場合、自動マージが行えないため、自分でファイルを開いてマージ作業を行う必要があります。

このようなサイクルで、 pullして 変更して pushする というのが基本的な使い方なようです。

記事が長くなってきたのでbranchについては別のエントリにまとめます!

入門git
入門git
posted with amazlet at 12.05.18
Travis Swicegood
オーム社
売り上げランキング: 11194
スポンサードリンク

AdSense

AdSense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 一つ前の記事、 githubに複数人でpushしたりpullしたりした の続きです。 今回はbranchについてまとめます。 […]

  2. […] lやPushの方法については以前記事を書いたので、そちらをご参考下さい。 githubに複数人でpushしたりpullしたりした // http://blog.shun-ichiro.com/reminder/github_private/GitHubでprivateなリポジト […]

  3. […] こちらのサイトを参考に解決することができました。 […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です