シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

漁師と億万長者のコピペから僕が感じたこと

boat

こんにちは かねしろ@pinkrootです。

はてなブックマークのホットエントリを読み漁っていたところ、常夏島日記さんが私の好きなコピペを題材とした記事を書かれているのを発見しました。

このコピペは2chなどでよく目にするもので、以下の様なものです。

メキシコの田舎町。海岸に小さなボートが停泊していた。 メキシコ人の漁師が小さな網に魚をとってきた。 その魚はなんとも生きがいい。それを見たアメリカ人旅行者は、 「すばらしい魚だね。どれくらいの時間、漁をしていたの」 と尋ねた。 すると漁師は 「そんなに長い時間じゃないよ」 と答えた。旅行者が 「もっと漁をしていたら、もっと魚が獲れたんだろうね。おしいなあ」 と言うと、 漁師は、自分と自分の家族が食べるにはこれで十分だと言った。 「それじゃあ、あまった時間でいったい何をするの」 と旅行者が聞くと、漁師は、 「日が高くなるまでゆっくり寝て、それから漁に出る。戻ってきたら子どもと遊んで、 女房とシエスタして。 夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、 歌をうたって…ああ、これでもう一日終わりだね」 すると旅行者はまじめな顔で漁師に向かってこう言った。 「ハーバード・ビジネス・スクールでMBAを取得した人間として、 きみにアドバイスしよう。いいかい、きみは毎日、もっと長い時間、 漁をするべきだ。 それであまった魚は売る。 お金が貯まったら大きな漁船を買う。そうすると漁獲高は上がり、儲けも増える。 その儲けで漁船を2隻、3隻と増やしていくんだ。やがて大漁船団ができるまでね。 そうしたら仲介人に魚を売るのはやめだ。 自前の水産品加工工場を建てて、そこに魚を入れる。 その頃にはきみはこのちっぽけな村を出てメキソコシティに引っ越し、 ロサンゼルス、ニューヨークへと進出していくだろう。 きみはマンハッタンのオフィスビルから企業の指揮をとるんだ」 漁師は尋ねた。 「そうなるまでにどれくらいかかるのかね」 「20年、いやおそらく25年でそこまでいくね」 「それからどうなるの」 「それから? そのときは本当にすごいことになるよ」 と旅行者はにんまりと笑い、 「今度は株を売却して、きみは億万長者になるのさ」 「それで?」 「そうしたら引退して、海岸近くの小さな村に住んで、 日が高くなるまでゆっくり寝て、 日中は釣りをしたり、 子どもと遊んだり、奥さんとシエスタして過ごして、 夜になったら友達と一杯やって、ギターを弾いて、 歌をうたって過ごすんだ。 どうだい。すばらしいだろう」

「漁師と億万長者のコピペ」と私は呼んでいるのですが、このコピペについて常夏島日記さんではこのエントリで以下のように述べられています。

この話で、だからMBAとって頑張って仕事を大きくして、億万長者になって、という努力は無意味ですよ、という教訓を得るのは、大バカの大間違いです。
でも、この逸話の中の億万長者が釣りをしたり、子供と遊んだり、奥さんとシエスタしたり、友達と一杯やったり、ギターを弾いて歌ったりして過ごすのは全然違います。ありあまるお金があり、魚の一匹もつれない生活が10年続いても、億万長者となった漁師は、魚がかからない釣りをして、子供と遊んで、奥さんとシエスタし、夜になったら友達と一杯やって、歌を歌って過ごせるのです。その生活の安泰さ、リスクのなさこそが、このおっさんが一生かけてビジネスを大きくした結果であり、彼の安全保障なのです。

詳しくは常夏島日記さんのエントリそのものを読んで頂きたいのですが、この記事で書かれていることに私は完全に同意していて、「このコピペ笑えるwwMBA乙ww」とか言っている人に違和感を感じていました。

「リスクを減らした」という素晴らしい結果

「普通の漁師が冒険をして、その結果億万長者になり、ただの漁師に留まっていた場合には抱えることになっていたであろうリスクを克服できた」というのは大変素晴らしい結果であると思っています。

「今のままでいいさ」 「欲しいものは手に入っている」 「なぜ頑張らないといけないんだ」 そんな考えを持ちながら人生を歩み、不安定な世の中の情勢に左右されながら生きていくなんて「ハイリスク」な人生、私にはとても歩めません。

「リスクを取りたくない」といって何もしないことこそがリスクであり、「最も安定しない人生」になる恐れさえあるのではないでしょうか。

「雇用の創出」という素晴らしい社会貢献

加えて、私がコピペから学んだ・感じたことはもう1つあります。 それは、「この人は雇用を創出している!凄い!」というものです。

コピペ中の漁師は、ビジネスを拡大していく過程で「大漁船団」や「水産加工工場」「オフィスビルに居を構える企業」を創立していきます。 創立されていく船団や工場・企業では、当然のことながら多くの人が働くことになるはずです。 つまり、漁師が創出した雇用によって生活が成り立つという人々がいるわけです。

漁師はビジネスを拡大することで「自身のリスクを減らす」ことに成功したばかりか、「他者の生活も支えている」のです。

初めてこのコピペを目にして以来、私はこの漁師のように、どんどんと挑戦していき、自身の生活を安定させつつ人々も支えられる、そんな素晴らしい人生を歩みたいなと心から思っています。

「コピペにマジレス乙ww」とか笑ってないで、今一度このコピペについて考えてみてもいいんじゃあないでしょうか。

スポンサードリンク

AdSense

AdSense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. エイジ より:

    はじめまして、こんにちは。

    このコピペについて、このような感じ方もあるのですね。
    やはり、私は普通に漁師をしている方がこの方にとって幸せだったんじゃないかと感じました。

    なぜなら、リスクは確かに軽減されていますが。
    ・リスク軽減に20年~25年かかってしまう。この間の時間は確実に忙殺されて失われます。
    ・億万長者になれる確率は大変低い。

    リスクというのは、危険を冒すことで何かを得る事だと思っています。
    つまりマイナスもプラスも含めてリスクです。
    億万長者になるというのは、リスクテイカーではあるんですが、なれないリスクはあまりに大きいのではないでしょうか。

    億万長者を目指すのはあまりに危険であっても、もう少し何かあったときに対応できる体制を考えるというのは確かにそうですよね。
    何も考えないで今の生活が続くと考えていくのは、結局、何かあったときに他者に頼る他力本願でしかないですもんね。

  2. […] 漁師と億万長者のコピペから僕が感じたこと-かねしろぐ- […]

  3. バカじゃね? より:

    くだらなすぎだろこのブログの著者w
    頭が悪すぎる

    20年なら25年という時間投資はどこに行ったんだよ?
    20年でリスク減らしただけなのか?
    バカだろw

    しかもリスクなんて減ってないが?
    生活が破綻するリスクは減っていない
    むしろ破綻率は先進国の方が高い

    バカだろおまえwwwwwwwwwwwwwww

    • Paulina より:

      Lol um the wings mean that their gm… and i have seen real gms before and i actually have screen shots with them soooo yeah.. if you want proof i’d be glad to upload it to phebctuokot to show you guys.

  4. […] 164 : :2017/05/07(日) 18:00:41.10ID:mkve1k2lO.net>>155http://blog.shun-ichiro.com/thinking/post-680/ […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です