MacにMecab入れてPythonでも使えるようにした

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

めかぶ

こんにちは
かねしろ@pinkrootです。

今日はmac book airにmecabをインストールして、
かつpythonからそれを呼び出せる(importできる)ようにしました。

ログを残します。

Mecab本体と辞書ファイルの導入

基本はhomebrewでインストールする方針。
MacPortでいけるらしいですが、僕はbrew派なので。

Pythonで利用できるように

pythonバインディングは公式からのリンクを辿ってダウンロードしてくる。

ダウンロードはこちらから

ダウンロードするのは
mecab-python-hogehoge.tar.gz
hogehogeの部分にはhomebrewでインストールされたMecabのバージョンが入ります。

バージョンの調べ方は

あとはダウンロードしてきたフォルダを解凍し、中に入ったうえで

で完了。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. snowjobs より:

    PythonではないですがMeCabを使ってこのようなこともできます
    MacOSXのSafariブラウザで
    形態素解析の結果を表示したり
    APPLE辞書やウィキペディア
    などの検索結果をブラウザ内で直接プリントアウトできたりします
    その他
    バーコード付き商品アイテムの作成やプリントアウトにも対応しています
    またブラウザの操作だけでゆうちょ銀行の払込取扱票に直接プリントする機能もあったりします
    ぜひお試しください
    http://snowjobs.blog.jp/archives/cat_mecab.html (最後尾に最初の記事があります)
    http://snowjobs.blog.jp/detail_item/201710011251/4547597950043

snowjobs へ返信する コメントをキャンセル

*